第29回・久習會公演

 

2019年10月15日(火)午後5時00分開演

国立能楽堂(千駄ヶ谷駅・北参道駅)
会場の地図はこちら

能「井筒(いづつ)(観世流)
シテ:荒木 亮
ワキ:福王和幸  アイ:野村太一郎  笛:松田弘之  小鼓:幸 清次郎  大鼓:大倉正之助
後見:岡田晃一・梅若雅一
地頭:山中ガ晶

狂言「磁石(じしゃく)
すっぱ(シテ):野村萬斎  田舎者:内藤 連 宿屋:深田博治

   (休憩15分)

能の始まり:午後7時30分予定
能「雷電(らいでん)(観世流)
シテ:宮内美樹
ワキ:福王和幸  アイ:高野和憲  笛:栗林祐輔  小鼓:曽和伊喜夫  大鼓:大倉慶乃助  太鼓:金春國直
後見:岡田晃一・梅若雅一・山中ガ晶
地頭:馬野正基

附 祝言
午後8時30分終演予定

 
 

 久習會は、観世流橋岡會(当主九世橋岡久太郎)門下による研修会・研究会公演です。
 当日には初めての方にも分かりやすい解説パンフレットを配布致します。お気軽にご来場下さいませ。
 前回公演では、皆様のご協力のもと「拍手一切なし」が実現し、多くのお客さまから「雰囲気がすばらしかった」とおっしゃって頂きました。今回も何卒よろしくお願い申し上げます。 「拍手について」参照
 井筒は、世阿弥が完成した複式夢幻能形式を代表する名作中の名作です。まずは「能」という芸術の代名詞と言ってもよいでしょう。
 伊勢物語に取材して、業平と紀有常の娘の恋物語を描きます。後半はその有常の娘(後シテ)が業平の扮装で現れ舞います。井戸を覗くとそこには恋しい業平の姿が映って見えるというクライマックスです。
  囃子事を一切省略しないという久習會の方針により、不越一声、序之舞五段にて本式に上演致しますが、それでいてノロくなりすぎないよう上演時間は短めを目指して・・と考えています。  磁石は非常に面白い狂言です。久しぶりで野村萬斎師に御出演頂きますが、かねてからぜひ萬斎師にお願いしたいと考えていた演目で、大いにお楽しみ下さい。
 雷電は演出効果満点の分かりやすい能で、初心者に能を見せるのに最も適した演目と言っている人もあります。
 比叡山の僧正(ワキ)のもとにかつての教え子であった菅丞相(シテ)が訪ねます。これから自分は鬼となって宮中にたたりをなそうと計画しているが、その場合僧正に祈り鎮める役を頼む勅使が下るであろうが引き受けないでくれと言います。僧正は「お前は弟子だから、勅使が来ても2回までは断ってやるが勅使が3回に及ぶならば引き受ける」と答えます。すると丞相は怒って本尊に手向けてある石榴(ざくろ)をおっ取ってかみ砕き妻戸に吹きかけると火炎となり、凄い勢いで姿を消します。
  後半は、登場した鬼(後シテ)と僧正(ワキ)の雄大な戦闘シーンとなります。一畳台という台を舞台の左右に設置して、右へ左へと交錯しながらの華々しい場面です。
(荒木 亮 記)

 

チケット発売中! 全席指定席
A(正面席)=8000円
B(脇正面席)=6000円
C(中正面席)=4000円
D(学生&外国人割引)=2000円
7月中旬にいっせい発売します。メールにて御案内致しますので「アドレス登録」をお願いします。
kyushukai@nifty.com


 

久習會ホームへ